子供大将
 

    兜飾り
 
山本人形
山本人形
山本人形

山本人形

 

山本人形号 壬生兜 

 
山本人形
 
    鎧飾り
 
 

 

端午の節句

 

 
 五月五日は
こどものですが...
 
古来この日を
『端午の節句』
もしくは
『菖蒲の節句』
呼びます。
 
菖蒲を尚武
書くこともあります。
 
武家の子供は
12歳から16歳で
元服すると
 
赤糸縅の鎧を
授けられたそうです
 
鎧の数を数えるときは
1領・2領とよびます。
それは鎧というのはそれほど
高価なもので領土と同じぐらい
 
大切なものであるということから
そういう数え方をしたそうです。
 
戦に行くときに
自分の身を 
守ってもらう鎧には
かなりの費用を
かけたことでしょう。
 
鎧と呼ばれた
時代はまだ銃は
伝来していませんでした。
 
もっぱら刀と槍で戦う戦法でした。 
 
 特に弓に秀でたものが
優れた武者であった時代です。
 
馬に乗って名前を
名乗り槍で戦う
ある意味優雅な時代?
であったと思います。
 
甲冑(かっちゅう)
鎧(よろい)
具足(ぐそく)
 
鎧の糸の色は
とてもカラフルな
組み合わせで
一つの文化を
創り上げて
いたと思います。
 
 
特に鎌倉後期に
着用されたと 
思われる鎧には
優れたものが 
数多く残されています。
 
 銃が伝来して戦の仕方が
変わってくると 同時に量産
 出来る甲冑が登場します。
 
 
着脱が早くできて
軽量化が進みました。
 
また、大名家では
敵か味方かを
わかりやすくする
ために家中の者の
甲冑を共通する
ものにしました。
 
代表的なものに
伊達家の黒漆塗りの
甲冑や井伊家の
朱漆塗りの
具足等があります。
 
鎌倉時代から
徳川時代までの 
300年の間に 
あったことを
見て戴くのも
一つの 
楽しさでは
ないでしょうか?
 
『子は父の背中を見て育つ』
と言われています。
 
 お家にある鎧を
後ろ向きに飾って
お子さまに
見てもらうのも
たまにはどうですか?
 
大きな背中に
背筋がピンと伸びて
姿勢がいいこと。